採用情報Recruit

人を知る

経験で得た技術は自信となり
後輩を導いていける力となる

田村 雄一郎Yuichiro Tamura

重量機設部 2009年/新卒

頭を使って難題を解決する面白さ

頭を使って難題を解決する面白さ

主にコンビナートで重量物の据付・撤去、運搬、プラントメンテナンスをしています。老朽化が進む工場設備はもともと重量物の搬出について考えられていない施設も多く、運搬に使う機材を入れるスペースがないところもたくさんあります。運ぶべきモノの大きさと現場を見て、“どうすれば運び出せるか”知恵を絞って考えなければなりません。しかし、クレーンが使えなくても敷材の上を滑らせて移動させるなど、道具を工夫することで運び出すことはできます。そういった一種の頭脳ゲームのようなところにも仕事の面白さを感じています。

リーダーとして後輩を導いていく

リーダーとして後輩を導いていく

現在は現場の班長を任されていて、施工方法などについて職人さんとコミュニケーションを取りながら現場を動かしていくことに楽しさを感じています。昔は“親方の背中を見て学べ”という徒弟制度的な考え方の業界でしたが、今はスパルタ方針ではなくなってきています。特に福崎組では新人も一緒に巻き込みつつ相談したり教え合っていく方針で、社員同士の団結力がある会社です。自分もリーダーとして成長しつつ、後輩たちが実力をつけていくことができるように導いていくのが務めだと思っています。

いつまでも挑戦する心を持ち続けたい

いつまでも挑戦する心を持ち続けたい

今までにたくさんの現場を経験し、いろんな重量物を動かしてきました。それらの経験を記録として残しておくために、また後輩の役にも立つように、計算式やワイヤーの掛け方などを実例の写真入りで説明したマニュアルを作成しています。そして今まで経験してきたことは自信となり、人を引っ張っていける力もついてきたと感じています。まだ成長途中の自分、会社もまだ成長中。新しいことやもっと難しいことにも挑戦してみたいし、自分が成長していくことが、会社の成長にもつながればと思っています。

messageMessage

ほとんどの人が知らない特殊な仕事ができる“新しい世界”があります。他部署と協力して作業の“流れ”を作ることはなかなか難しく、それがうまくできたときに仕事の楽しさや面白さを感じられます。危ない仕事なので真剣に取り組むことは大事ですが、新人さんたちと楽しくやれればいいなと思っています。わからないところはあってあたり前です。自分も重量物を動かすために必須のフォークリフトや足場仮設、玉掛けなどの資格は入社してから取得しました。できるように教えてあげるのが自分たち先輩の役割ですから安心してください。